子供の身長は遺伝で決まるのでしょうか?

例えば身長が低い子供は、こんなふうに嘆いた経験があるでしょう。
「自分が身長が低いのは両親のせいだ・・・・」と。
確かに、身長は遺伝子、親が身長が高ければ、子供も身長が高くなる可能性は高くなります。
しかし、身長が伸びる要因は遺伝が全てではありません。
では遺伝はどれぐらい影響し、遺伝以外には何が要因になるのでしょうか?

これからの子供の身長と遺伝による関連性

親の身長が、子供の身長にどれぐらいの影響を与えるのか?というと、25%だと言われています。
この数字を見て、思ったよりも低いと感じた人も多いのではないでしょうか?
なんとなく、両親が身長が高いと子供も身長が高いイメージは強いですよね。

その理由は、両親が身長が高い家庭に生まれた子供は、高確率で身長が高くなる要因が他にもあるからです。
遺伝以外の要因とは、栄養と睡眠と運動です。
つまり生活習慣なので、家庭環境によるものだと言えるでしょう。

総じて両親が身長が高い家庭の生活習慣とは、自然と身長が高くなる環境が整っているのです。
そのため、遺伝と栄養と睡眠と運動が揃って、結果として、親が高ければ子供も高く育つというわけです。

ただし、両親揃って身長が高い訳ではありませんよね。
父親は高いけれど、母親は低いという場合もありますし、また逆にあります。
そして子供の性別によっても、遺伝内容は異なってきます。

予測身長を出す計算式があります。
男の子の場合は、父親の身長+(母親の身長+13)÷2
女の子の場合は、[(母親の身長-13)+父親の身長]÷2 となります。一度自分に当てはまるか計算してみて下さいね。

遺伝以外の要因はあるのか??

身長が伸びる要因は、遺伝以外に栄養と睡眠と運動が関係しています。
通常であれば、親が身長が高いと自然と身長が伸びる生活環境が整っているため、子供は遺伝でも生活環境でも身長を伸ばす要因が揃うといえます。ただし、両親が身長が低くでも、遺伝が25%しか要因ではないとすれば、生活環境を整えれば、子供は身長が高くなるというわけです。もし自分は低い身長がコンプレックスだったから、子供には身長を高くしてあげたいと思った場合に、生活環境を整えて子育てをお行うといいでしょう。
つまり身長が低い親から、身長が高い子供が育つ可能性は十分にあると言えるでしょう。